ame_21_05_01
ame_21_05_02ame_21_05_03
ame_21_05_04
ame_21_05_05
ame_21_05_07


雨ざぁざぁ。の日
窓際のゼラニウムはまるで滝に打たれる修行僧のよう・・・

玄関に置きっぱなしの長靴たち
今年の春は本当にたくさん雨が降りました
今朝も子供達に長靴を履かせればよかったな・・・と思いながら
むすめが描いた、私の大好きな絵を眺める
この絵の中にある全てのバランスが好きです
このバランス感覚、おとなにはムズかしい
それはコドモの奔放さ、自由であって
おとなが憧れるもの

小さな首飾りにこだわる彼女の視線
袖の膨らみやギャザ一に憧れる乙女心
むすめの想いが伺い知れて
何だか可愛い絵なのです

先日偶然図書館で借りた本
堀井和子さんの「1/10000 department sotre」は
そうした子供の作品を遊び心で「商品化」しよう
デパートを作っちゃおう♪ と、目論む本
子供達が描く自由なトレースを
永遠に保存&日常使いするアイデアが一杯
素敵な本です


ame_21_05_06
par Elia / mai 2012


むすめが部屋の隅で、静かにさら~っと描いた羽ありユニコーン
静かな目と前足にノックアウトされた母(笑)
こんなユニコーンがいる空
ステキ、だよね。 

えいきゅうほぞん決定。