28 mai 2012

Avant le dodo...

  Le Palais des Thés   子供達が寝静まった後一日のうちの、ほんの1時間ちょい就寝前のこの時間が愛おしい今日この頃そんな時間に、いつもちょっと暖かいものが飲みたくなるのだけれど今まで何を飲んでいいのか、自分でもよく分からなかった普通の紅茶やカフェ...牛乳たっぷりのカフェオレ...お水は何だか悲しいし...体に為にお水を飲むのはいいことだと分かっているけれどこの「私の時間」にお水は何だか不釣合いな気がして(笑)辿り着いたのは、カフェインなしのルイボスティ色々なメーカーからルイボスティが出ているけれど香りを嗅いだときにグっと鼻にきて「ケホっ」とならなかった品がLe Palais des Thés の Rooibos des Vahinésお茶から香るバニラとアーモンド香りは、控えめで優しいお茶の葉を入れるときにちょっぴり嬉しい気分にさせてくれるのは黄色いマリーゴールドの花びらたち このお茶を手に繰り返しお気に入りの本や雑誌を眺めるのが一番好きな時間の過ごし方 オットにはいつも同じものばかり見ているねと笑われるのだけれど いいんです「私の時間」ですからねー、だ ♪
Posté par Elinoa à 23:27 - - Commentaires [4] - Permalien [#]

24 mai 2012

Au nom de la rose...

  バラの神様と呼ばれるAndré Eve氏 ローズクリエーターのアンドレさんは50年にわたってバラの開発に携わっています 1980年からはローズ・アンシエンヌ(オールド・ローズ)の復活に尽力 ピティヴィエという場所にある彼の庭は現在非公開ですが 咲き乱れる数々のバラや多年生植物との組み合わせ ランブラーローズが絡むパーゴラ(アーチ)・・・ 彼のお庭はため息ものです 彼の庭そして花々は日本の雑誌等(*)でも取り上げられています。 上記雑誌の刊行にあたり アンドレさんのバラそして庭造りに対する愛情、情熱について フランス人の方が書かれた本を 翻訳する機会がありました この翻訳の際に大変お世話になった編集者の方へ バラに関する贈り物をすることに 向かったのはバラのみを扱うお花屋さん「au nom de la rose」 店先には色とりどりのペタル(花びら)が撒かれていたりして 思わず足を止めてしまう程ステキなお店作りをしています 今回選んだのは、お店の方お薦めの 緑茶とバラがブレンドされた紅茶 そしてバラのペタルが入ったコンフィチュール♪ 見た目も可愛いけれど、これをいただく時の気分は きっとマリーアントワネット・・・(いや、なんとなく)... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 14:07 - - Commentaires [6] - Permalien [#]
Tags : , ,
21 mai 2012

La pluie...

  雨ざぁざぁ。の日窓際のゼラニウムはまるで滝に打たれる修行僧のよう・・・ 玄関に置きっぱなしの長靴たち今年の春は本当にたくさん雨が降りました今朝も子供達に長靴を履かせればよかったな・・・と思いながらむすめが描いた、私の大好きな絵を眺めるこの絵の中にある全てのバランスが好きです このバランス感覚、おとなにはムズかしいそれはコドモの奔放さ、自由であっておとなが憧れるもの小さな首飾りにこだわる彼女の視線袖の膨らみやギャザ一に憧れる乙女心むすめの想いが伺い知れて何だか可愛い絵なのです 先日偶然図書館で借りた本堀井和子さんの「1/10000 department sotre」はそうした子供の作品を遊び心で「商品化」しようデパートを作っちゃおう♪ と、目論む本子供達が描く自由なトレースを永遠に保存&日常使いするアイデアが一杯素敵な本です par Elia / mai 2012 むすめが部屋の隅で、静かにさら~っと描いた羽ありユニコーン 静かな目と前足にノックアウトされた母(笑)こんなユニコーンがいる空 ステキ、だよね。 えいきゅうほぞん決定。  
Posté par Elinoa à 22:45 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
18 mai 2012

    あっという間に過ぎてしまった1ヶ月 (!!)嬉しい出会いや発見、驚きや共有が盛り沢山の毎日めまぐるしく変化する状況の中で溺れそうに(笑)実はアナログ人間なので、余裕がなくなるとPC離れ状態へ突入・・・そして、ようやく本日復活。そんな慌しい毎日の中にある束の間のおうちジカンを切り取ってみる  小さな花の優しさまた新しく増えた我が家の「緑家族」(詳しくはまた次回・・・のハズ)遊びに来てくれた友人の手作りスコーンは何と自ら小麦とスペルト粉を挽いて(驚)作ったもの素朴な外観をしたスコーン君は噛めば噛むほど味わいある懐かしい味のするいいヤツでしたアリガトウ♪ そのスコーンと共に南仏アプトのマルシェで見つけたコンフィチュールを太陽いっぱいの南仏らしい組み合わせは「melons et citrons」(メロンとレモン) 素朴な味のスコーンに手作りコンフィチュールの気取らない甘さが美味しくて手作りの温かみを実感 ドライトマトをオーブンで作る練習中なかなか自分が求める味にならないのだけれどオーブンの中に整列するトマトを眺めるのもたっぷりのオリーブオイルに漬け込むのも楽しい これが最近のおうちジカン  ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 00:57 - - Commentaires [2] - Permalien [#]