cousin_paul_01
La Case de cousin Paul


lapin01

 

ベットに入る前のひとときは
子供達にとってとても大切な時間
できれば「早く早く!」と急かすことなく
やわらかい光の中で穏やかに
好きなお話でも読んであげたい

のに

当の子供達は
歯磨きぐずぐず
パジャマを手にぐずぐず
一緒に眠るぬいぐるみ探しにぐずぐず
「早くしなさーい」を連呼するハメに
穏やかな夜など、どこへやら・・・

 

La Case de cousin Paul が今のように有名になるずーっと前
パリはモンマルトルのふもとに
人が4、5人入ったら狭くなりそうな、小さなお店を構えていた頃
ウィンドーを飾るきれいな色の明かりに惹かれて入った
寛いだ様子で店番をしていた男性が
旅行先のとある国で見た素朴な明かりから
インスピレーションを受けて作ってみたランプなんだ、と話してくれた

それから数年後、店は同じ通りのはす向かいに引越して
広さは倍くらいとなり、人が続々と集まるようになった
そして今や世界中に進出
すごい

でも彼らのランプ自体は変わりなく
あの頃のまま素朴で柔らかい光

いつの日か子供部屋にでも、と
その昔に選んだ色(決められた個数の中で好きな色を選ぶことができる)は淡い色

普段のわたしなら、もう少しビビッドな色を選ぶけれど
「想像の子供部屋」には柔らかく穏やかな色が目に浮かんだ
今それは実際に子供部屋にある洋服タンスを縁取り
毎晩本を読む時間に柔らかく灯っている

ステキな夢が見られる本は
むすめの誕生日に贈った、手の込んだ立体絵本「シンデレラ」
開く度に新たな発見がある本
隠された小さな扉や窓を開いたり
絵のディテールを観察してみたり

さてと、本を閉じて
柔らかな光も眠る時間デス
最近我が家に加わったばかりの
白ミニうさぎのぼんやり光の下で目を閉じる子供達

むすめは踊りながら幸せをかみしめるプリンセスの夢を
むすこは誰かを幸せにする喜びをかみしめるプリンスの夢を


母は静かな夜をかみしめるのでした。