2013_03

2013_04

2013_02

2013_01

 

2013年も明けました

その直前のNoël

わたしの所へもサンタクロースが足を運んでくれた
師走に入ってから耳元で聞いたのはそのサンタクロースの声
「2013年のスケジュール帳はまだ買わんでくれ」
わかりやすいサンタクロース

わたしはMOLESKINEの定番をかれこれ6年愛用している
ところがサンタクロースが持ってくる予定のモノは「限定版」だという
「定番を愛しているのに」という言葉には
「ほとんど定番と変わらない」とカレは言った

包みを開けた25日の0時過ぎ
現れたのは小さな星の王子さまであった
ページをめくると
ゾウを飲み込んだウワバミも
きつねも
一厘のバラもいる

小学生の頃
家の本棚に小さくて真っ白な
文庫サイズなのにハードカバーの素敵な本を見つけた
絵も可愛いので夢中で読み始めたけれど
さっぱり分からない
意地になって最後まで読んだけれど
やっぱり分からなかった
それが「星の王子さま」との出会い

仏語を勉強し始めた頃
原文の本にチャレンジした
本文に多く現れる「単純過去形」なるものが分からず
あっけなく降参
その後は全く読んでいない

大人になった(と思っているケドどうなんだろう?)
そろそろサンテグジュペリの言わんとしていたことが
もしかすると分かるかもしれないと思ったりしている
もう一度読んでみよう


スケジュール帳の後ろに「旅する者は、星に導かれん」とある
2013年は様々な旅がしたい
今までの自分と異なる畑へも行ってみたい
旅先で色々な人と出会ってみたい
星を探して身を委ねるのもいいかもしれない

最初のページに2013と書くことから
まずはスタート

皆様にとってもよい一年となりますように☆