27 novembre 2014

Wool #2

    手の平にすっぽりと収まる繭のようなひつじ盛岡の伝統工芸南部鉄器とホームスパンの組み合わせ 彼の名は「てつじ」 大好き街、盛岡で出会ったHolzという素敵なお店にいた彼の出で立ちと名前にノックアウトされて連れて帰ってきた Holzに置かれている南部鉄器のペーパーウェイトは素晴らしく真っ黒な家元々は機内誌に掲載されていたこの家の写真に惹かれてこのお店に足を延ばしたのだった でもそれは大好きな人に贈ってしまって今は手元にない 次回盛岡を訪れる時には自分のためにもう一軒黒い家をと心に決めている 南部鉄器の黒は心にじーんと沁みる黒 *** 来週はとうとう外がマイナスになるというけれど「てつじ」を眺めている限り 心は温かくいられそう    
Posté par Elinoa à 10:20 - Commentaires [0] - Permalien [#]