音楽
26 janvier 2010

Saudade...

Bossa Novaと出会ってかれこれン十年・・・日曜の夕方にFMから流れる「SAUDE!SAUDADE」(サウージ!サウダージ)をフト耳にしたことがきっかけでした。小野リサさんもナビゲーターとして登場したりして。心地よいBossa Novaを聴きつつ、まだ日中の陽の熱さが残る砂浜に座って海を眺めている気分に浸ったり・・・。(でも実は扇風機の前だったりもする・笑)この番組、今でもJ‐WAVEで続いていて、今年で21周年とか。スゴイ。写真は、私がかなりのヘビーローテーションで聴いている4枚。心が沈んだ時も、久しぶりに太陽が出た気持ちの良い日にもいつもBossa Novaで元気がでるわたし。そういえば、東京・四谷にあるブラジル料理店「Saci Perere」(サッシ・ペレレ)でサンバな夜を過ごしたこともありました。小野リサさんの生ライブが聴けるかも、と。音楽と共に100%陽気!なこのお店は、小野リサさんのご両親が経営されていて彼女もここで歌い始めたとか。Bossa... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 05:00 - - Commentaires [2] - Permalien [#]

19 janvier 2010

L'homme mythique

18日付 A NOUS PARIS (メトロ構内等に置いてある無料情報新聞)今、街を歩いていると、彼によく会うある時代を風靡、そして今も多大な影響と神話の数々を残すセルジュ・ゲンズブール彼の人生がフィルム上に描かれることになり今週の水曜日が封切りということもあって、話題に。私は彼のことはよく知らない。彼のことは知っていてもそれ以上のことを知ろうと思ったことは今までなかった。このフィルムはどうかな・・・特にこうした一人の人間の人生を語るフィルムは時として、こちら側に人物のイメージを与えすぎることがあるような気がして。もっと私なりに彼のことを知っていきたいな、と。でも実は先日、とある音楽を聴き、一種の感動を覚えたのだけれどそれが彼のオリジナルであることを知って。彼のビデオを観つつ彼の音楽的、詩的感覚に優れた、アーティストとしての彼にかなり惹かれ、アタマの中で音楽がぐるぐる♪どうしてこの曲に出会ったのかについては、また次回・・・Poinçonneurは今はもうない「切符切り」のことメトロの切符切りが彼の日常を、彼の人生を、彼の憂鬱を語っている。「Le Poinçonneur des Lias」(1958) ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 04:05 - - Commentaires [2] - Permalien [#]