19 décembre 2011

2011 et La Seine

  Pont Neuf ここはパリなのだとセーヌ河にかかる橋を渡る度に川面のきらめきを眺める度に新鮮な気持ちで美しい景色に、見慣れたはずの景色に毎度感動セーヌ河があるからこそのパリ Pont Neuf (ポン・ヌフ)にはたくさんの素敵な思い出があります仏語文法で知っているのは現在形のみ過去形すら怪しかった大昔でも今行かなければ・・・と、仕事を休んで思い切って短期留学したパリその時に語学学校で出会った友人達が、日本へ帰る私の為に小さな会を催してくれることになりました希望の場所を聞かれた私の答えは「Pont Neuf で」Pont Neuf の上セーヌ河に幾つも突き出す半円形の部分に友人達が用意してくれたチーズとワイン、そしてバゲット9月も半ばで寒かったけれど皆で飲むワインは美味しくて、楽しくてそして何よりのプレゼントはセーヌ河からの眺め橋から遠くに見える芸術橋やエッフェル塔・・・セーヌ河の水面にはフランス音楽が感じられ水の流れにプレヴェールの詩が感じられる四季を通して美しい河岸の木々重たく垂れ込めるグレーの空繊細な色彩のハーモニー悲しくなる程ロマンチックな河 そんな河に抱かれたパリを去る日も近づいてきました。  大好きなPont... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 13:50 - - Commentaires [2] - Permalien [#]

05 décembre 2011

shima-shima

   あ、 しましま。 ligne1 du métro de Paris   ホームに到着したメトロ1番線に乗ってみたら何とも色鮮やかに内装が新しくなった車両でしたこんなしましまの車両に乗ると、こちらも笑顔がほころびます乗るたびに「・・・・」という気分になる、痛んで汚いメトロの車両みんなが明るい気分で街を歩けるようこの可愛いしましまが、大切に使われますように パリが大好きな人たちのためにも。  
Posté par Elinoa à 12:29 - - Commentaires [6] - Permalien [#]
25 novembre 2011

Photos simples

  3191 Miles Apart は随分前にフト見つけて以来1ファンとしてずーっと追っている大好きなブログですアメリカのPortlandに住む二人の女性がネット上で出会いその後週に一度、お互いの朝の一コマを写真に収め始めましたそれをブログに載せ、反響を呼んだ後に一冊の本になったのでしたそれが A Year of Mornings二人の写真は、打ち合わせをしたわけでもないのに時々似たような場面で撮られているのも興味深くまた二人ともアーティストだけあって、雰囲気のある写真ばかりです 何でもない、誰の家にでもありそうな朝の一コマなのに切り取られたそれはとてもアーティスティックで実は自分が過ごしている時間も見る角度を変えれば、心にアートな気分を忘れなければこんな風に素敵な一場面となるのかな、と思ったり相変わらずこの2011年も自分のテーマ「丁寧に生活する」が全うできない私にとってこの本はバイブルとなるのでは・・・と、とうとう購入大切なことを忘れない、そんな人間でいつまでもありたいと願うのです 毎年この季節恒例の最大手芸サロン Le salon Création et Savoir... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 02:30 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
18 novembre 2011

La saison de la lecture

  cité universitaire 私用に追われて随分と時間が経ってしまいました気がつけば、周りは落ち葉だらけ吐く息が白くなる日も多くなってきました所用で遠出。乗った電車は何とテーブル付、4人掛け椅子が向かい合ったセミ・コンパートメント!カーテンがビロード生地で蛇腹のようになっていたり、何だか懐かしい感じ。というか、単に古いのか(笑)電車の旅のお供は、友人の本の虫さんが貸してくれた伊藤まさこさんの「雑食よみ」まさにジャンルを問わず、色々と読んでいる伊藤まさこさんの本や本屋さんの紹介に、何だか尖っていた心も癒やされながら翻訳を頼まれることもある今日この頃、日本語を磨くためにも読書せな、と。特に心惹かれたのは、黒磯や軽井沢など、ちょっと秘密の場所にある素敵な本屋さん&cafeの姿でした素朴で無骨な作りのお店に並ぶ写真集や古書、選んだ本を手にお茶♪日本へ帰る際には是非訪れたいと夢も膨らみ・・・ むすめが作ったしおり、本人曰くこれは「鍵」モチーフとのこと、を読書の際は愛用。何だかむすめも傍にいるようで心温まるのです ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 10:44 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
27 octobre 2011

un petit plaisir

  家にお花があるというのは気持ちのいいものですでも実は、本当に心にゆとりのない時ほどお花のことを考えることもなくフトゆとりができた時に、あ・・お花でも、などと思います 先日久しぶりにお花を買い求めましたむすめが選んだ真っ白なキク科のお花は花びらが幾重にも重なった、可憐な姿今回は普段使っている花瓶ではなく南仏旅行中に訪れた、Aptで購入したアンティークのじょうろへ  このじょうろは、Aptの街の小さな道を歩きながら見つけたブロカント(古物商)の店先にあったものじょうろのくせに(笑)華奢な姿、そして可憐なお花の透かし模様に一目ぼれまだまだ旅の途中だったのに手荷物のどこにも納まらない、このヘンテコな形をした旅土産を抱えて旅を続けたのでした ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 22:05 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
18 octobre 2011

dans la rue...

秋深まるパリ パリの道をぶらぶらしながら目にしたものは ・・・つづく 秋深まるパリ むすめと二人で映画鑑賞余韻に浸りながら、Odéon-Saint Germain des près 界隈をぷらぷら散歩そこで目に映ったものは「少女」への階段を着実に上っているむすめそして私は何への階段を上っているのだろう。   さて、ぶらぶらしながら目にしたものはマレ地区の壁に出来上がった凄いアート作品モザイクのひとつひとつが、全て各国の政治家の顔写真ボーゼンと立ち尽くす私の傍を通った、パリ市清掃局のお兄ちゃんが一言「C'est beau, hein?」(すんごいだろう?)うぃ。まさに脱帽、なのでした。  ミナサン、ウソヲツクト、ハナガノビマスヨ。
Posté par Elinoa à 22:40 - - Commentaires [2] - Permalien [#]

11 octobre 2011

Après l'été...

  夏らしい夏のなかったParisに突然戻ってきた夏の太陽それまで着ていた秋冬の服から、夏に着損ねた可愛いワンピースや袖なしTサンダルを身に着けて走り回る子供たちそんな喜びの後にガツンと来たのは、冬朝の8時近くというのに暗い朝分厚い雲の後ろに隠れているらしい太陽 ぐるぐる、すっぽり、ほかほか、が懐かしくなる季節の到来夏を見送り、心にぽっかり空いた穴を埋めるべくその辺に片付けていた毛糸を探してみる意外にも毛糸に触れている時間が心地良くてかぎ針編みでネックウォーマー2種「Petit bonnet lutin」妖精の帽子は棒針編みで 夏の名残は毛糸達を放り込んだ、青空広がる南仏Aptで購入したカゴそしてラベンダーシロップの瓶瓶に出来上がった帽子を被せてにんまりなわたしと、そんな午後 BGMはGlenn Gould のBach(ずっとBachは苦手だったのに)Bing Crosby、Nat King Cole、Frank Sinatra・・・♪これで揺り椅子にひざ掛けときたら私おばーちゃん、ぢゃないの。そしてさらに目の前には砂嵐のTV・・・ひぃ。  
Posté par Elinoa à 00:09 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
27 septembre 2011

Aix-en-Provence #3 (enfin...!)

ゆっくり進む、夏の旅報告・・・ようやくヴェルダン広場で開催されているマルシェに到着広場には午前中から眩しい太陽これぞ夏パリで長袖に軽いコートを羽織っていたのが嘘のよう 新鮮な野菜、パリで見かけるより一回り逞しいサイズのフルーツ達売り手の威勢よい声と人々の笑顔が交差する色とりどりの夏 ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 20:28 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
19 septembre 2011

Svenskt Tenn

Institut suédois à Paris Il n'y a rien de plus beau que des murs blancs; c'est aux différents textilesqu'il revient de donner de la couleur à une pièce (...)C'est avant tout l'idée de confort et de bien-être qui doit primer. 真っ白な壁ほど美しいものはない。そこへ様々なテキスタイルが加わり部屋は彩られてゆくのである(...)一番大切なことは、その空間で居心地がいいということ、そして幸せであるということEstrid Ericson **********************************************************1924年、Estrid Ericson によって生まれた Svenskt Tenn (スヴェンスク・テン)33年に建築家でありデザイナーでもある Josef Frank... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 00:43 - - Commentaires [6] - Permalien [#]
14 septembre 2011

Aix-en- Provence #2 (aller son chemin...)

  dans la vieille ville エクスのあちらこちらで開かれるマルシェ(市場)毎週火・木・土曜日に開催される「Le Grand Marché」(ル・グラン・マルシェ)は布、布製品、職人による品、骨董品、そして野菜&果物をはじめとする食品等が幾つかの場所で同時に開催されるマルシェに並びます私達が訪れたのは木曜日今回の旅日程は、各地で開催されるマルシェに「わざわざ」合わせたものエクス、アプト、アヴィニヨンでマルシェ、マルシェ、マルシェ~♪そんな私の希望を聞きながら、オットの目はテンにマルシェに弱い女心が分からないらしい・・・Le Grand Marchéのうちの一つ旧市街にある裁判所前、ヴェルダン広場で開かれているマルシェを目指します 旧市街内に延びる、迷路のような細い道そうした謎めいた道に毎回吸い込まれる私オットや子供達から「戻ってきなさい」と何度声をかけられたことか・・・でも、未知の通りを進みながら、素敵なお店を見つけると嬉しくて長い年月を経てきた壁の前に並ぶアンティーク雑貨やカゴ達思わず足を止めないわけにはいかず、なかなかマルシェに到達しない私(達)   京都の千鳥風看板が目印の可愛い小道はPassage... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 00:45 - - Commentaires [2] - Permalien [#]