11 juillet 2011

Les petits rats...du Marais

repetto/Le Café Suédoisむすめが通うバレエ学校の帰りに、時々回り道をして見に行くお店がありますそれは、夢見る少女達の、夢が詰まっている空間ショーウィンドウの中に飾られる「眠れる森の美女」の衣装にため息をついたりガラスの向こうに見える、ふわふわのチュチュ達に見とれたりまだまだ幼いむすめとは、いつもお店の外からの見学です この日はオットと二人休暇を取ったオットとマレ地区をお散歩むすめの好きな夢あるウィンドウを、オットにも見せてあげましょう♪「オペラ座の小さなねずみ達」を見ながら華麗なクラシックバレエの世界を思い描き素晴らしく繊細なチュチュやトゥシューズのピンクにため息をつき細くてしなやかな筋肉美のバレリーナ達・・・ほぉ。 ところで・・・お腹すいたね、とオット歩きながらファラフェル(falafel : 中近東名物ひよこ豆コロッケ入りサンドウィッチ)をがっつりといただいてその後は、大好きなLe Café Suédoisでお茶&シナモンロール バレエの世界からは程遠い私達なのでした。(食べ過ぎ)
Posté par Elinoa à 01:25 - - Commentaires [0] - Permalien [#]

07 juillet 2011

Il était un petit navire...

métro : Hôtel de Ville  ここ1ヶ月程時間の後ろばかりを追いかける毎日を過ごしていましたメトロのホームを急ぐ人達も、何かを追いかけているのだろうか?Fluctuat nec mergitur「たゆたえど沈まず」とラテン語で書かれたパリ市章セーヌ河を中心に商業が発達した8~9世紀の「水上商人組合」の勢力、そしてパリの勢力を現す帆船フランスの首都であるパリ市の気概を感じる紋章です。私も沈むことなく、とりあえず浮いておかなくては(笑)そしてできれば前進♪パリ市章の前を足早に通り過ぎてゆく人たちを見ながらそんなことを考えつつボ~・・・私の背後で、乗るはずだったメトロの扉が閉まっても 「たゆたえど沈まず」これはいい呪文(!?)です。
Posté par Elinoa à 23:58 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
10 juin 2011

Barbe à papa

Barbe à... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 14:06 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
06 juin 2011

Today's cooking

懐かしい音楽と共に楽しいお料理の時間です♪ 1963年に発行されて以来、300万部以上の売り上げを果たした名作中の名作「La Cuisine est un jeu d'enfant」(※リンク先は同タイトルのアニメ番組HP。子供達も大ファン、大人も目からうろこのテクニックが学べます)料理は子供の遊びであーる♪ という名のこの本の中には著者であり、もちろん料理人である Michel Oliverによるレシピそして子供にもわかりやすい絵による解説が、ぎっしり詰まっています目次を見ると☆スープとオードブル☆玉子と魚☆肉と鶏肉☆ソースと野菜と、なかなか子供向けとは言えない程の充実度各項に結構な数の本格的なレシピが並んでいますページに書かれる昔ながらの筆記体が目にも可愛くて ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 22:30 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
25 mai 2011

...

朝日が差し込むキッチンにて一人男泣きするアンパンマン在りもうプチ・ナポレオンどころでは、ない。
Posté par Elinoa à 00:35 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
17 mai 2011

Fontainebleau

Fontainebleau 2011 子供達のヴァカンス中に訪れたフォンテーヌブローは、パリから電車で40分電車から降りるとむすめが一言「いい匂いがするね」確かに緑の匂いがする何世紀にも亘って歴代の王に愛され、そして拡張されていった宮殿そしてそこに広がる広大な森「これほど寛ぎを覚え、幸せを感じられる場所は他にない」とは、ナポレオンの言葉そのナポレオンは、その後退位を決意し流刑地エルバ島へ1814年にフォンテーヌブロー宮殿から無念の旅立ち・・・その儀式が行われた「白馬の中庭」(写真↓右上) は「別れの中庭」とも呼ばれているとのこと。オット、階段の下に立ちつつ、気分はナポレオン(違)むすこはプチ・ナポレオン。「オレ様に続けー!」の図。はいはーい。ちなみに、後ろのポスターにある可愛いベベちゃんは、ナポレオンの息子クンです  ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 23:37 - - Commentaires [2] - Permalien [#]

10 mai 2011

Go to Sweden

 Le Café Suédois : tous droits résérvésある日の午後むすめと二人で女子のみのティータイム訪れた場所は大好きなスウェーデン・カフェLe Café Suédois 子供達が生まれる前から度々訪れているカフェ北欧の雰囲気が店内のそこ、ここに溢れていてそれはテーブルや椅子のデザインだったりオープンキッチンから見えるお皿やキッチン雑貨だったり訪れる度に変わるテーブルクロスの柄だったり本日はピンクとオレンジのしましま♪カフェ内でケーキを手作りしているスタッフ(スウェーデン人)が着けている素敵なエプロンだったりそしてそんな彼女達の作る素朴な籠の中に盛られたシナモンロールはどこまでもまっすぐ素朴な味 大好きな場所でむすめと二人で時間を共有できるようになったことが嬉しくて一人静かにここで本を読んでいた時代も良かったけれどテーブルの向こうで、何が可笑しいのかクスクス笑うむすめを見ながらもらい笑いする今日この頃も悪くないか、な。Le Café Suédois11 rue Payenne 75003 Paris(Hôtel de Marle / Centre Culturel Suédois)
Posté par Elinoa à 00:15 - - Commentaires [6] - Permalien [#]
06 mai 2011

Vive Bensimon !

Bensimon  靴をすぐに傷めるむすめあっという間にあちこちが擦れ、かかとに穴が開く一体どんな履き方をしているのか・・・。しかも足の裏の汗かきさん(...?)らしく中敷も結構な勢いで傷んでしまう暖かくなってきた今日この頃可愛いパリジェンヌ達のように素足にバレリンヌ・・・といきたいところだけれどむすめの足と革靴を眺めつつ、頭を悩ませる私素足にバレリンヌは可愛いだろうけど中敷が洗えないのでは困るではないのっ!と、そこで登場するのがベンシモンの靴靴のゴム部分を除けば、全て丈夫なコットンでできている素晴らしい靴日本から買って帰ってきた「靴洗い用たわし」でゴシゴシ洗える!むすめより一つ上のお嬢さんがいる我がアパートの管理人さんは「私はいつも洗濯機に入れちゃうの~♪」何とも豪快(笑) ・・・我が家のベンシモン全員集合・・・左から1. 最近むすめが選んだフューシャピンク(むすめは近頃ピンク星人になりつつある)ベンシモン定番のテニスシューズ型でも紐なし!なので子供が一人で履ける最初は色に眉をひそめた私だけれど、ジーンズと合わせたら思いのほか可愛かったので、よし(笑)2.... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 23:57 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
02 mai 2011

pour un petit bonheur...

5月1日メーデーで祝日のこの日フランスでは大切な人にすずらんの花を贈る習慣がありますすずらんは春の訪れのシンボル♪このロマンチックな習慣は1561年から続いているとのことでびっくり日曜日は朝から道のあちらこちらに簡易「すずらんスタンド」が出現街を行く人々の手には可憐なすずらんが握られて大切なアノ人にデリケートなお花だから、と足早に手の中に揺れるお花の形を見ていると本当にちりんちりん♪と聞こえてきそうなすずらん素晴らしい香りと共に小さな幸せがみんなに訪れますように。
Posté par Elinoa à 21:30 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
30 avril 2011

les vacances #2 Rêve d'une danseuse...

Le Palais Garnier* 天井画 (マルク・シャガール)* シャルル・ガルニエ (ガルニエ宮設計者 : 窓の向こうはオペラ大通り )* ル・グラン・フォワイエ ・・・春休みのはじまり・・・大多数の夢見る少女達と同じく、バレリーナに憧れるむすめそんな彼女と一緒にガルニエ宮 (オペラ座) を見学しました15年の歳月をかけて1875年に完成したガルニエ宮は私達が束の間の夢を見ることのできるそしてバレリーナを志す人が一度は目指す場所自分が一人の観光客だった頃もパリに頻繁に遊びに来ていた頃もガルニエ宮を目の前にする度に、一種の感動を覚えていた私 深紅の椅子が並ぶボックス席につき初めて演目を鑑賞した日はまるで自分が19世紀の貴婦人になったような気がして大階段を上るにも、しゃなり、しゃなり・・・と。(の、つもり)客が演目の休憩時間中、飲み物片手にぶらーっとする、という何とも優雅な目的で作られているル・グラン・フォワイエ(大回廊)はヴェルサイユ宮殿の鏡の間を彷彿とさせる豪華な空間しゃなり、しゃなり・・・と、母はまた貴婦人に(笑)むすめは回廊にある鏡に自分のバレリーナ姿を映して想像力豊かな親子。 ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 01:53 - - Commentaires [2] - Permalien [#]