24 avril 2011

les vacances #1

au parc Georges Brassens姉と弟の関係図絵Ⅰ「牽制」このふたり遊びながら、モメながら、泣きながら、笑いながら過ごした2週間の春休みもまもなく終了その昔「夏休み、早く終わってくれないかしら~」と呟いていた母の気持ちが今わかります(笑)と同時に、ふたりの成長に改めて気付くこともたくさん。 姉と弟の関係図絵 Ⅱ「共謀」 こんなふたりとの春休みのキロク続きはまたのちほど。
Posté par Elinoa à 23:55 - - Commentaires [4] - Permalien [#]

18 avril 2011

On avance...

au centre de danse du marais 春バレエ教室の子供達は6月の発表会に向けて、着々と練習を進めていました昨年と比べると背も伸び、話し方もすっかりお姉さん風踊りながら一丁前につま先をぴーんと伸ばしたりちゃんと音楽を聞きながら振り付けを確認したりみんな確実に前進中。 震災から1ヶ月ブログにもなかなか手がつかないまま日が過ぎて自分がそれまで考えてきたことの全てが「虚しい」ことのように思える日々色々なことを目の前に突きつけられて、考えさせられる時間「それでも春は来る」この友人の言葉に空を見上げると桜が見事に咲き冬の間つんつるてんだった木々からは、いつの間にか青々とした葉が時間はそこに、いつも通り流れていて私の背が押されたような気がしました子供達の無邪気な成長を見ながら私もまた、一歩前進してみようかと。しなくては、と。まずはブログから(笑)
Posté par Elinoa à 22:08 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
04 avril 2011

Solidalité Japon

http://www.pray-for-japan.org/03/04/2011 à Paris 遠い国に住む私達にも出来ることを、と数人の日本人ママ達によって震災後すぐに立ち上がったプロジェクトそして、あっという間に在仏日本人間で輪が広がり、猛スピードで企画が進んだチャリティバザーが昨日、パリ市内で開催されました。私も微力ながら、広報担当の一人としてスタッフに参加熱意と誠意でこのプロジェクトに早朝から深夜まで関わる責任者の方々に感動を覚えつつこの全ての仕事がどうか日本のために役立ちますようにみんなを励ますことができますように、と昨日を迎えました。 皆が胸に抱えていた気持ちは色々。遠いなりにフクザツです。本当にこれがやるべきことなのか、自分が被災者の立場だったらどう思うだろう・・・。自分には何ができるのだろう。毎日目に入ってくる、耳に入ってくる悲しいニュースそんな中、大変な状況にも関わらず、ポツポツと伝わってくる心暖まるニュース「ガスが通った!やっとお風呂に入れる」、家族に笑みがこぼれた・・・という、仙台からの記事そしてその家族がお風呂場で本当に嬉しそうに笑っている写真を見たときに心がギューっとなりました。「復興」私達もその手助けをしなければ。 ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 22:45 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
25 mars 2011

Sakura

 毎年春になると咲く、可憐で儚い薄ピンク色の桜水色の空とのコントラストに丸い形でポンっと集合して咲く愛らしい姿に老いも若きも、男子も女子も足を止めない人はいないだろう春は別れのときであって、出会いのときでもあって日本人の私達にとっては暖かいような、寂しいような、希望に満ち溢れるような思い出を慈しむような満開の桜の下で列を成す子供達の笑顔は私の子供時代のそれと何ら変わりなくそして私は安心する桜の下、ここにはいつも幸あり、かと。『めがね』作詞=太田恵美/大貫妙子 作曲=大貫妙子迷わずに鳥は海を渡る あたたかな月は人を照らすそして季節は色づき この場所に立ち風に吹かれよう大地も人も愛しく すべてがここにあるそして自由に生きている私がここにいる悲しみの人に出会った時 私には何ができるのだろうたったひとつのことだけ あなたと並び海へと向かおう大地も人も愛しく すべてがここにあるそして自由に生きている私がここにいる**************************心に響いた映画「めがね」今の私の気持ちを思いっきり詰めてそしてこの歌に乗せ私の大好きな、大切な人達へ送ります。遠くから静かに強く、愛してるから♪
Posté par Elinoa à 01:30 - - Commentaires [6] - Permalien [#]
15 mars 2011

Japon

ヒトは一人では生きてゆけない君がいて僕がいる僕がいて君がいるみんなつながってる 近くて遠い日本を想いながら想いながら。涙。 よっしゃ、ここはひとつ笑顔で「大丈夫、また復興しよう」と言うおじいさんに皆で付いてゆこうぢゃないか。また一緒に笑える日を目指して。 août 2010 au Japon : Elia, Noan & Peace  
Posté par Elinoa à 01:10 - - Commentaires [7] - Permalien [#]
08 mars 2011

trésor dans la poche

洗濯物を干していた時むすこのジーンズの小さなポッケから何かがコロンと落ちたそれは、秋に公園で拾った大きなどんぐり色々なものを洋服のポッケに入れるのが好きなむすこ時には車、時にはシール、時にはお金いつも、どれも大切そうにポッケにしまっている洗ったどんぐりクンは、Kinder Surpriseのおまけと記念撮影意味はないけれど(笑) ここのところ、連日のように太陽が顔を出し気持ちのよい青空が広がっているParis通りを行く人やカフェのテラスで太陽を楽しむ人の顔は和らいでいて寒い風に向かい、どんよりと曇る雲の下をせかせかと歩いていた足は日差しを楽しむように、道をゆっくりと進んでいます もうすぐ春なのかな光が暖かくて柔らかい猫のように、縁側でぐーたら昼寝♪といきたいところ、です。
Posté par Elinoa à 22:45 - - Commentaires [0] - Permalien [#]

06 mars 2011

Ohinasama & PH

  3月3日はお雛様の日何か美味しいものを用意してお祝いしよう♪軽い胃腸炎から立ち直り中だった娘からのリクエストは「ショコラのマカロン」だんだんフランス人のようなことを言うようになってきました(笑)病み上がり食と言えば、雑炊やおうどん、でしょ?私の場合は、鉄火巻きやお蕎麦だったけれど(笑) 色彩と形が乙女心をくすぐるマカロン・・・今回は大御所、ピエール・エルメのマカロンを調達することに久しぶりに覗いた15区のピエール・エルメウィンドーを覗くと、7個のマカロンが黄色い可愛い箱に納まって箱の上には「Les incontournables de Paris」とあります自分でフレーバーを選べるというので色とりどりのマカロンの中から、散々迷って7個を選択しました。 「Les incontournables de Paris」とはパリになくてはならないモノ、といったところでしょうか箱の側面には、パリを代表するモノたちの絵が描かれていてエッフェル塔、モナリザ、ヴァンドーム広場、ボブール(ポンピドゥ)ポン・ヌフ、モンマルトル、そしてシャンゼリゼ・・・♪そしてそして忘れてならないのは、ピエール・エルメのマカロンと、箱にあるのでした(笑) ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 14:00 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
03 mars 2011

Bon Bon Bon...

朝、ふとキッチンのIKEA棚に目をやるとパスタやお米を並べている棚が何やらいつもより眩しい・・・とこれは、大人も子供も愛して止まないHARIBOマークの「fraise TAGADA」(タガダ) じゃありませんかまさに、いちご味のお砂糖の塊それはそれは、あま~い、あま~いボンボン ・・・って何でこんなところにあるのよ!? こんなコトをするのは1人(オット)しかいないちょっとちょっと、ここは穀物陳列棚キミのおやつ陳列棚ではないのですが。 と怒りつつも、やっぱり愛らしいコロンとした形に負け小皿の中に1つ、2つ、3つ・・・と塔を作ってみるスっと真っ直ぐな塔が出来上がり、すごいっと思ったら崩れたので、再挑戦するも、その後は絶対に真っ直ぐな塔は出来なかったいえいえ、ワタクシそんなに暇ではないのですよ(笑)。
Posté par Elinoa à 01:15 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
27 février 2011

Johannes Vermeer... "La laitière"

フェルメールの絵画から抜け出たむすめ↑ ぶぶ(笑) ある日のむすめの仮装家にある、ありとあらゆる物を引っ張り出しては「今日はプリンセス、今日は先生、今日は・・・」と遊ぶむすめ見て見て見て~!と自慢気に現れたむすめはまるでブルターニュ(*)からやってきたようなはたまた、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」(*)のようなさすがに笑いましたなかなか、お似合い♪ 
Posté par Elinoa à 20:50 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
23 février 2011

Super maman !

それはあり得ないくらい可愛い水玉ロールケーキに恋したケーキの上に佇む可憐な白雪姫を見つめたこんなケーキを用意しちゃう素敵なママン達に幸せ気分を分けてもらったそんなある日の午後でした。そう、 ママンが子供を思う気持ちは毛布のように暖かくてぬくぬくとくるまれていたい毛布はいつも傍らにあるので、とりだてて大切にするわけでもなく二人の間に冷たい空気が流れる瞬間があったとしても時が経つと、くるまれたくなるアノ毛布を探して子供は常にくるまれていたくて毛布は常にくるんでいたいのよね。友人達の子供ちゃんたちへHappy birthday♪
Posté par Elinoa à 04:10 - - Commentaires [0] - Permalien [#]