思うこと・・・
11 février 2014

Hello 2014

    文字通り「駆け抜けた」2013年 3年ぶりの蒼い海、和気浜熱い白い砂静かに寄せる波音悲しみも苦しみも呑み込み穏やかに返ってくる波潮の香りそして笑顔海に愛され海に励まされた夏 季節はずれの写真ながら2014年はこうありたいと思う大海原に抱かれるべく無邪気に走り向かってゆく子供のように 久しぶりの更新となりました今年もゆっくり進めてゆきますどうぞお付き合いのほど宜しくお願いいたします♪  
Posté par Elinoa à 09:43 - - Commentaires [0] - Permalien [#]

27 février 2013

La pensée

    時に 何も考えたくないと思う 静かに時間を過ごし 心穏やかにいたいと願う 頭をカラッポにしたいときは 手を機械的に動かすこと頑張らない適度な集中によって心地よい無の時間が流れ始める IKEAで購入していた小さな額を取り出して シンプルな白木の枠に ちょっぴりきらめく金色をのせてみる小さな筆に色を含ませて 何度も何度も筆を動かしていると 少しずつ白木の表情が変わって わたしの気持ちも変わってくる額の中に入れるのは キャンドルをはじめとする香りの老舗 Diptyqueから届いた葉書 1961年からパリのサンジェルマン通りに店を構えるDiptyqueは 特別なときにお邪魔する 特別な空間特別なとき それは自分を特別扱いしたいと願うとき空間に香りが広がるそれはそれは贅沢なひとときDiptyqueの葉書が納まった額をトイレの壁に設置しようとするわたしに横にいる彼はこう言う「これでいい香りに包まれるような気がするからね」 わたしの目論みがこうしてカンペキに読めてしまう彼のことを時に憎たらしく思うのだけれども。    
Posté par Elinoa à 20:59 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
15 janvier 2013

Pour commencer...

    2013年も明けましたその直前のNoëlわたしの所へもサンタクロースが足を運んでくれた師走に入ってから耳元で聞いたのはそのサンタクロースの声「2013年のスケジュール帳はまだ買わんでくれ」わかりやすいサンタクロース ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 14:24 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
23 décembre 2012

Noël noël...et Noël...

  もうすぐノエル進まない飾りつけ進まない買い物進まない片付け&掃除進まないサロン大改造計画これが毎度御馴染みの師走模様みなさま楽しいノエルをお過ごしください♪        
Posté par Elinoa à 07:42 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
11 octobre 2012

Tané

      「あさがおの種ですけど、蒔いてみますか?」知り合いのお母さんからいただいた種あさがおの花を育てるのは、子供の時以来自信はなかったけれど子供の頃に抱いたワクワク・ドキドキを再び味わってみたいと種をもらって蒔いてみることにぐるぐると巻きながら上へ上へと伸びてゆく姿に感心しつつ毎朝眺めるのが習慣になった そして第一輪目はわたしの誕生日に開花なんとも嬉しいプレゼントだったその後もスクスクと育ちたくさんの花が毎日咲いて、毎日終わっていった子供達は一日で花が終わってしまうことに驚いていたけれどそれも美学 そして秋我が家のあさがおは今だに花を咲かせているけれどどんどんと実も付け始めたコレが種なのか~と感慨深く本日種を収穫一粒一粒形の異なる、黒檀色の種何だか愛おしい来年、わたしも誰かにこの喜びをおすそわけしたい朝花が咲いているのを眺めるのって素敵なことだから  
Posté par Elinoa à 15:12 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
21 mai 2012

La pluie...

  雨ざぁざぁ。の日窓際のゼラニウムはまるで滝に打たれる修行僧のよう・・・ 玄関に置きっぱなしの長靴たち今年の春は本当にたくさん雨が降りました今朝も子供達に長靴を履かせればよかったな・・・と思いながらむすめが描いた、私の大好きな絵を眺めるこの絵の中にある全てのバランスが好きです このバランス感覚、おとなにはムズかしいそれはコドモの奔放さ、自由であっておとなが憧れるもの小さな首飾りにこだわる彼女の視線袖の膨らみやギャザ一に憧れる乙女心むすめの想いが伺い知れて何だか可愛い絵なのです 先日偶然図書館で借りた本堀井和子さんの「1/10000 department sotre」はそうした子供の作品を遊び心で「商品化」しようデパートを作っちゃおう♪ と、目論む本子供達が描く自由なトレースを永遠に保存&日常使いするアイデアが一杯素敵な本です par Elia / mai 2012 むすめが部屋の隅で、静かにさら~っと描いた羽ありユニコーン 静かな目と前足にノックアウトされた母(笑)こんなユニコーンがいる空 ステキ、だよね。 えいきゅうほぞん決定。  
Posté par Elinoa à 22:45 - - Commentaires [4] - Permalien [#]

23 mars 2012

Le printemps arrive...

    春がすぐそこにやって来ているのが感じられるとても暖かい今日この頃日も随分と長くなり、ようやく暗く寒い冬とお別れお日様の光に口元が緩みます。 マルシェで見つけたアネモネはキッチンに眩しいピンク色のグラデーションは、普段全くフェミニンではない私を(笑)何となく女性らしい気分にさせるからフシギもうすぐ日本へ帰ってしまうお友達から譲り受けた大きなオリヅルラン小さな株をひとつ、ふたつ取ってお水の中へぐんぐんと伸びる根っこクン毎日それを眺めるのが楽しみです。 むすめの誕生日に贈りたいと思っているスカートは冬のバーゲン会場で見つけたもの薄いベージュの軽くて儚いレースは女の子の夢このスカートを身に着け、素足にサンダルでクルクル回るむすめを想像しています今はまだナイショ。   春よ、こいこい♪    
Posté par Elinoa à 11:01 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
18 novembre 2011

La saison de la lecture

  cité universitaire 私用に追われて随分と時間が経ってしまいました気がつけば、周りは落ち葉だらけ吐く息が白くなる日も多くなってきました所用で遠出。乗った電車は何とテーブル付、4人掛け椅子が向かい合ったセミ・コンパートメント!カーテンがビロード生地で蛇腹のようになっていたり、何だか懐かしい感じ。というか、単に古いのか(笑)電車の旅のお供は、友人の本の虫さんが貸してくれた伊藤まさこさんの「雑食よみ」まさにジャンルを問わず、色々と読んでいる伊藤まさこさんの本や本屋さんの紹介に、何だか尖っていた心も癒やされながら翻訳を頼まれることもある今日この頃、日本語を磨くためにも読書せな、と。特に心惹かれたのは、黒磯や軽井沢など、ちょっと秘密の場所にある素敵な本屋さん&cafeの姿でした素朴で無骨な作りのお店に並ぶ写真集や古書、選んだ本を手にお茶♪日本へ帰る際には是非訪れたいと夢も膨らみ・・・ むすめが作ったしおり、本人曰くこれは「鍵」モチーフとのこと、を読書の際は愛用。何だかむすめも傍にいるようで心温まるのです ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 10:44 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
23 août 2011

Apple

もうすぐ秋わたしの気が早いのか風の中に秋を感じる今日この頃なのでりんご お気に入りのカットボード普段は飾るように片付けているだって、これで切るのはりんごでないとむすめが夏休み中にパリ郊外の農園で採ってきてくれたりんごはその日の夜に食卓へ酸っぱかったのだけれど、家族みんなが「ありがとう」を言うと自分もりんごの酸っぱさに顔を歪めながらむすめは大満足の笑顔むすこも同じく顔を歪めて一言「でも、美味しいよ」9月からむすめが使うお稽古バックはとある手芸屋さんで見つけた、たーくさん並んだ大きなりんご柄子供の頃、こんな柄のパンツをはいていたような気がして懐かしさと共に一目ボレしかもこの布、ビニール加工が施されているから雨降りの日も安心(パリのお天気に関して悲観的なわたし・・・南仏帰りだし・・・うぅぅ)普通のミシンではちょっぴり縫いにくかったけれど無事完成 秋来てもよいぞー ところで木の三脚スツールは、最近蚤の市で出会った品こういうスツールに目のないわたし家の玄関を開けてくれたオットの顔はひきつってましたが・・・また椅子ですか?って(笑)
Posté par Elinoa à 23:15 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
20 juillet 2011

Couleur d'été

大好きなReine Claude(レンヌ・クロード)プラムの仲間だけれど、プラムよりやや小粒で甘くそれに何といっても、この「青りんご色」がキュートで愛らしい初めてReine Claudeを口にしたのは数年前の暑い夏の日に、ノルマンディーに住む友達を訪ねた時ぴーかんのお日様の下で食べたReine Claudeは甘くて、みずみずしくて夏はこれだねーと思ったのでしたなのに。Reine Claudeは買ったものの、パリから太陽は去ってしまった模様・・・ここ最近は雨、小雨、曇り、風、そしてまた雨太陽の姿はほとんどなく、気温が低いので首にも巻物秋物のコートを羽織って、寒い、寒いと背中が丸まっていますもう7月も下旬にさしかかろうか、というのに早く眩しい夏に目を細めつつ美味しいReine Claudeを堪能したいっぐずぐずしていたら夏が終わってしまうぢゃない~(悲)
Posté par Elinoa à 22:10 - - Commentaires [0] - Permalien [#]