30 juillet 2010

A son tour...

30.07.2010 Parisあの日、あのとき、こうだった・・・と毎年むすめの誕生日になると思い出す、彼女が生まれてくるまでの流れ。不安と喜びの混じる感覚。初めて抱く生まれたての赤ちゃん。あれから4年。 毎年苦労していたバースデーケーキ。お家は狭いし、マク★でパーティというのも味気ないし、せっかくの夏だし、・・・といつも外でピクニックお誕生会を企画していました。でも暑い夏となるとケーキの種類が限られてしまって。チョコレートは溶けるし、クリームもちょっと暑いか・・・などなど。これまでに冷えたレアチーズケーキや苺のトライフルを作ってみたりしていました。今年はある日ピン!と思いついた、ケーキではなくて「ケーキ箱」。開けてびっくり玉手箱♪... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 23:51 - - Commentaires [4] - Permalien [#]

29 juillet 2010

Beaux cadeaux...

今年は残念ながら雨のスタートとなってしまった7月14日のフランス革命記念日雨も上がり日も差してきた午後、お邪魔した友達の家ではしゃぐ二人最高の笑顔を見せてくれて友達が日本から買ってきたという「魚釣り」ゲームに夢中になるむすこ(三輪車に乗っていて顔から落ちた際のキズ跡あり・・・grrr)太鼓をトントンと叩きながら、弟の押す車に乗って上機嫌なむすめこんな二人の笑顔は私にとって何よりの誕生日プレゼントそう、今日は私の誕生日♪ありがとう、ありがとう♪♪ 一眼レフを使っている友達は、時にはファインダーを覗かず子供が気付かないうちにパシャっと撮る。それでもとても素敵なそして自然な写真が一杯撮れて。本気で一眼レフが欲しいと思った午後でした(笑)。Laurent, merci beaucoup pour ces photos merveilleuses!!
Posté par Elinoa à 01:39 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
24 juillet 2010

Les ateliers du passage Molière

パリの真ん中にあるCentre Pompidou (ポンピドゥセンター) の回りは、いつも人が一杯で土日ともなると、ちょっぴり東京の混雑を思い出すような場所です。そこからちょっと入ると、Passage Molière (パッサージュ・モリエール) という石畳の短いパッサージュがあります。外の喧騒が嘘のように静か。通りの両側には味のあるカフェや、アトリエ。まるでどこかの小さな村に来たようなホっとする秘密の場所。ここにTamanoさんのアトリエ兼お店があります。Tamanoさんは靴職人。「職人」という言葉がぴったりな場所にアトリエを構えるそして「職人」という言葉がぴったりな、こだわりと技術とセンスを持ち合わす人。Tamanoさんには、まだ歩かないむすめに初めての靴 (写真:オレンジ色のモカシン)... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 00:10 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
20 juillet 2010

Comme une grande...

お日さまが強く、青空が広がる日には大好きなアンドレ・シトロエン公園へ行きたくてうずうずする私達親子。大噴水での水遊びは、子供にとっても、太陽を満喫したい大人にとっても最高の場所。もちろん無料だし♪噴水広場にある「ここで遊ぶのは禁止です」という看板のことは全員無視 (笑)公園の警備の人も何も言わない一体この看板は何ゆえここに・・・と思いつつもやはり考えないことにして... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 23:29 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
19 juillet 2010

Après-midi d'été

にちようびの午後とある公園にてセルフポートレートノッポさんみたいなわたし。そのままごろーんとベンチに寝転がったら私の頭上に葉っぱがたわわに緑で、空は抜けるように青かった。雲ひとつ、ない。迷いも、ない。 これくらいまっさらな人生もいいな。
Posté par Elinoa à 01:35 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
16 juillet 2010

Mariage #2

さて、昨日の続き。会場から出てくる花嫁さんにどうしてもこのお花を渡したいのに・・・どうしたらいいの・・・という顔をしているむすめ。摘んだばかりのお花を手に、そわそわしています。 そこに入れ知恵するのはもちろんむすこ↑ (笑)。区役所の入り口に陣取ろうぜ!ここなら花嫁さんが出てきた時、誰よりも早くそばに行けるぞ!でも・・・正面だと写真を撮る人たちの邪魔になるから、階段横に移動だ!本当はただ単に、自分にとって何段もある階段の行き来は難しすぎるからなんだけどそれは内緒。ぷぷ。素晴らしいアイデアだわ・・・と、一点を見つめて夢みる少女なむすめどこまでも「イヒヒヒッ」なむすこ。 ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 23:05 - - Commentaires [2] - Permalien [#]

15 juillet 2010

Mariage #1

先日行われた友人の結婚式。幸せ一杯の新郎新婦から、私達参列者も幸せをたくさん分けてもらえる結婚式。雨や雷が続いた週でしたが、この日はお天気にも恵まれて二人のこれからの素敵な人生を祝うにぴったりの日。むすめとむすこにとっては初めての結婚式参列。むすめはずーっと新婦の姿を探し、一生懸命お花を摘んで。コレあげたいの、と。むすこは空を飛ぶ飛行機やヘリコプターに夢中 (笑)。ちなみに、むすこは前日に保育所にて三輪車から落ち、しかも顔からだったらしく試合後のボクサーみたいな顔しています・・・。もぅ・・・。結婚式は住居のある区役所で行われます。Mariage Civil (マリアージュ シヴィル) と呼ばれるこの結婚式で書類にサインをし、正式に国から「夫婦」であることが認められます。そしてナポレオンが1804年に制定した「ナポレオン法典」、Code Civil (コード シヴィル)... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 23:18 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
11 juillet 2010

Chapeau de paille

夏といえば「麦わら帽子」この大定番の「麦わら帽子」を、初めてこの夏むすめに購入しました。道でシャボン玉に夢中になっているむすめに「こっち向いてー」と言うと、突然この格好。写真では分かりにくいですが、彼女の右手はヒラヒラと動いています。きらきら~♪どこかの芸人さんみたい(笑)。どこまでも (内弁慶) エンターテイナーなむすめです。 購入したばかりの頃は、あまり興味を示さなかったこの麦わら帽子ですが最近毎日のように欠かさず見ている映画「ロシュフォールの恋人達」の影響で麦わら帽子、大好きになりました。以前から大ファンだったこの映画、私も子供達と再度繰り返し見ながら本当にいい映画だとしみじみ。ここまで子供達が夢中になるとは思ってもみなかったのですが(笑)。ディズニーもいいけれど、たまにはこうしたクラシック名鑑もいいではないか!!子供達には幅広いジャンルのものに親しんでもらいたいのです。「ロシュフォールの恋人達」(ジャック・ドゥミ監督)ストーリーもさながら、Michel Legrandの音楽は一度聴いたら耳から離れない素晴らしさ。そして素敵なFrançoise... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 03:07 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
07 juillet 2010

Elégance

たまたま通りかかったお店で見つけた素敵なカチューシャ。白でもなくピンクでもない、優雅で上品な色をした大きなお花が付いていて私もむすめも一目ボレ。間もなく行われる友人の結婚式に、と購入することに。フリーサイズだったので、むすめがまずは試して。うんうん、いいねぇ、とオット。私が試すと、クックッ・・・と小さな笑いがあってからうんうん、悪くないよ、とオット。というわけで、これはむすめの物に。昔からかぶり物の似合わない私です。(涙) ******************************************************************************************** 追伸7月1日~4日まで行われていたJapan Expoも無事に終了。嵐のような仕事から解放されてホっとしています。皆様にとっても楽しい夏休みとなりますように・・・
Posté par Elinoa à 01:05 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
02 juillet 2010

Bravo!!!

水曜日は、むすめが通うダンス教室の発表会でした。今年はCentre de Danse du Marais全体での発表会が開催されないということでむすめのクラスの先生が一人で会場を探して、1年間頑張った子供達の為にそしてそれを見守ってきた親達の為に、発表会を準備してくれました。幼稚園の催しでも「恥ずかしがり」が前面に出たむすめ。この発表会のことを私はとても心配していました。舞台で泣いたらどうしよう全然動かなかったらどうしよう、と。舞台は生まれて初めて。ライトの当たる舞台で、たくさんのお客さん達を前に本当に大丈夫だろうかと、気が気ではありませんでした。私のように何年間も、何回も舞台に上がったことのある人間にとっても舞台上の雰囲気はやはり何とも言い難いもの。舞台袖から舞台に進む、アノ明るさの切り替わりがとても怖いこと守られている舞台袖と、一人きりになる舞台。そんなことを思い出して、客席に座りながら一人、どきどきしていました。むすめは、自信たっぷりの動きで見事に踊っていました。本当にアノ恥ずかしがり屋の私のむすめかしら、と目を凝らしたくなるくらい。一度派手に転んだあたりで「あ、私のむすめだわ」と... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 02:26 - - Commentaires [0] - Permalien [#]