28 février 2010

Sanpo (vraie promenade !) : Palais-Royal

暖かい日差しの出た土曜日の午後、本日は想像散歩ではなく、ホンモノ散歩。むすめとむすこは、パレ・ロワイヤルをかけっこ、かくれんぼ。「3歳半になったらプレゼントしてあげる」と前から約束していたVilacの「てんとう虫傘」パレ・ロワイヤルの公園を奥まで走ったら、回廊に入っているお目当てのお店へ直行!ようやく念願の傘を入手したむすめ、嬉しさあまり雨も降らないのに傘を差して公園の中を闊歩、笑いが止まりません。こんなに喜んでもらえるなら、こうしたプレゼントもたまにはいいかなぁ♪ (甘い、甘い)ここのところ、風の中に春の匂いがしてきました。はやく来い来い、はーるよ来ーい。
Posté par Elinoa à 21:30 - - Commentaires [2] - Permalien [#]

27 février 2010

Je laisserai le vent baigner ma tête nue...

南仏マルセイユでの仕事から戻ったオットからのお土産は南の太陽そして風を感じ取ることができるようなものでした香りが豊かなラベンダーのドライポプリと、南仏の太陽のような色をしたオリーブオイル。どちらも南仏の定番お土産です。どこかで見た南仏、Aix-en-Provence(エクス・アン・プロヴァンス)の様子がアタマに浮かぶ・・・ もちろん天気は上々。太陽あるある!熱い太陽を感じつつもパラソルの下テラスに陣取り、冷たい飲み物を。モナコかパナシェで♪蝉の声も強く素足にエスパドリューゆったりロングドレスがいい・・・さてと、そろそろ泳ぎに行こうかな、こんな暑い日は。蒼い海が目の前に すると近くにいたオット「エクス・アン・プロヴァンスには歩いていける距離に海、ないよ」・・・・・・。(それでもいいから、太陽のある南仏に行きたい!) "Je laisserai le vent baigner ma tête nue・・・"Arthur Rimbaud : Sensation
Posté par Elinoa à 02:30 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
23 février 2010

Devoirs de vacances #1

par Elia, 22.02.2010魔の週末から始まった、子供達のヴァカンス。vacances d'hiver=冬休み、です。ふむ、クリスマス休暇と冬休みは別モノなのね、と思いつつこのヴァカンス、子供達との時間、特に一緒に何かを創ること何かを創る彼らを観察する時間を持つことが私の目標です。今日のむすめの作品は7月にやってくる自分の4歳のお誕生日ケーキ。土台は何層にもわけて作られていて、パイ生地のようにかなり手がこんでいます。4歳だから、と4つ並ぶのは、いちご。ニョキっと立つ、ブルーの物体の正体は?むすめにも誰にもわからず(笑)。気にしない、気にしない♪
Posté par Elinoa à 00:31 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
21 février 2010

Sanpo imaginaire

Palais-RoyalゆっくりとPalais‐Royalを散歩噴水まわりにあるベンチに座りボーっとするもよし小さなスクエア内の花を愛でながらベンチで読書するもよしいつものコースは、回廊内に入っている歴史ある可愛いおもちゃのお店Vilacを覗いて気が向けばレトロ感漂うパッサージュ、ギャラリーVivienneのモザイクの床を楽しみ古本屋をひやかして、大好きなCafé、Le Pain Quotidienでのんびり。もしくは Café Marlyルーブル美術館がよく見えるCaféに座って、広場を往く人々を眺め重厚且つ繊細で、異なる時代の装飾が見受けられるルーブルの建物を眺め自分が時間に追われる観光客ではないことに感謝しつつゆっくりとお茶をいただく・・・。至福の時。トンでもない週末(*)を送った私の想像散歩。あぁ、こんな幸せ散歩がしたいです・・・。新しい週こそ、平穏で、何しろ家族全員が健康で過ごせる週となりますように・・・。 ... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 23:16 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
19 février 2010

Classicisme

子供の靴に関しては、クラシカルなデザインの物に心惹かれます。Bonpointには、クラシカル+ちょっぴりフェミナンな味が加わったフランスの古き良き時代を感じさせるようなデザインの靴があるので時々むすめの為に調達(散財とも言う)しています。今回見つけたのは、色もデザインもクラシカルなタイプで一目ボレ。ネイビーとグレーが混ざったような色のこの靴、まるで昔の寄宿舎の制服のよう!この色目、むすめのワードローブに多いシックな色合い(今のところ私の独断で選んでいるので 笑) にはもちろんのことパステル系にも案外合いそうです。「わたし、ピンク好き~♪」などと言っているむすめが今後この靴をどのように好きになってくれるかどのように履きこなしてくれるかちょっと楽しみで、ワクワク(1人で)しています。*************************************************さらにクラシカルなデザインで知られるブランド、イギリスのStart‐rite。何しろロイヤルファミリーのお子ちゃま達も履いているというこのブランドの創業は1792年!流行に左右されない、毅然としたデザインが今も続いています。Photos : tous droits réservés... [Lire la suite]
Posté par Elinoa à 11:30 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
18 février 2010

Une pomme...

par Elia, 3ans 1/2, 16.02.2010 「ねぇねぇMaman見て~♪」というむすめの前にこの「りんご」が。なぜかお家できちんと(まじめに?)お絵かきしないむすめ。お絵かきすること自体は好きなようですが、紙とクレヨンを持つといつも「えーい!いたずら書きだぁ~」とぐちゃぐちゃに描いたりするばかりで。昨年末、幼稚園でクラスの先生からむすめの「学習アルバム」の様な物を見せてもらってびっくり。「え、これ本当にうちのむすめのですか?」思わず私もオットも小声で先生に尋ねてしまいました。きれいな絵(ちゃんと人らしきモノが描けるぢゃないの!)や塗り絵もはみ出さずそれは立派な「学習張」でした。むすめは驚愕している私達の横で自慢気に「あのね、これはキノコ、これはゆきだるまね」とか言って。お家でもこーやってちゃんとお絵かきすればいいのに~というとニマニマしているだけのむすめで。 なので何だか嬉しくなってしまったこの「りんご」の絵。私に描いてくれた「りんご」の絵。
Posté par Elinoa à 04:00 - - Commentaires [2] - Permalien [#]

16 février 2010

Tirelire

「振ってみる、妻とオットの貯金箱」(オソマツさまでした・・・)3年近く(!!)帰省していない日本。今年の夏こそ、と思っています。大切な家族や大好きな友達に会えることを楽しみにしながら・・・
Posté par Elinoa à 23:30 - - Commentaires [2] - Permalien [#]
14 février 2010

Saint Valentin

2月13日土曜日 夜オットがガーベラで一杯の大きなブーケを持って帰宅しました。近頃、子育て(二人とも熱やら風邪やらでこっちはてんてこまい・・)、家事に仕事・・・と、一日めまぐるしく過ぎていく時間を前に大きなため息をつく私。おそらくすごい形相をしていたのでしょう。「愛しているよ」でも「大好きな妻&ママへ」でもなく「ごめんね・・・何もできなくて」という顔で渡されたブーケ。何だか反省。*******************************************2月14日日曜日 朝 パンケーキで返事。今の私にできる、幸せ時間の提供。バター&たっぷりメイプルシロップで召し上がれ♪(もーちょっとニッコリ妻になれるよう努力します・・・はい。)
Posté par Elinoa à 11:14 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
13 février 2010

Design Nordique

まるで上空から美しい湖を見下ろしたようなフォルムそして深ーいけれど透明な青そこにティモ・サルパネヴァの赤いイッタラロゴが映えてAlvar Aalto・・・偉大な職人1936年にデザインされた花瓶「SAVOY」と同じようなフォルムを持つ手のひらサイズのキャンドルホルダー北欧デザインが大昔から好きだったにも関わらず手元にはまだ何も持っていなかった私に、思いがけないプレゼント心から、ありがとう!です。あぁ、フィンランド・・・行きたい!!AaltoもKaj Frankも、ArabiaやIITTALAの製品も、Marimekkoも・・・おまけに妖精もいるし!北欧出身の作曲家が綴る音楽も好きです。耳にするとピンときます。「北欧系だな」と。ドイツ系、フランス系とは一画をなす彼らの音楽からは、もっともっと澄んだ「自然」が聞こえてくるから。音楽に流れる空気が、ハーモニーが澄んでいて。そうそう、どこかで読んだことがあります。大好きな北欧の国々で、色々と買い物をしようと意気込んで降り立った街。そこで一番感動したのは、デザイン雑貨でも、街並みでもなく澄み渡った空気だった、と。感じてみたい、その澄み渡った空気・・・(汚染激しいParisにいるから余計にそう思うのかもしれません・・・笑)
Posté par Elinoa à 00:28 - - Commentaires [4] - Permalien [#]
11 février 2010

Nature

雪の結晶って本当にキレイ、そして不思議。「雪は天から送られた手紙である」(中谷宇吉朗氏)
Posté par Elinoa à 00:10 - - Commentaires [2] - Permalien [#]